ビジネスマンの服装

スポンサードリンク

ビジネスマンの服装

ビジネスマンの服装ってどういうものでしょうか。個性を控えめに相手に尊敬の意と清潔なイメージの身だしなみが重要です。ビジネスマンの服装の常識を知っておきましょう。

 

ビジネスマンの服装はマナー

ビジネスマンの服装

ビジネスマンの服装のポイントとして、まずYシャツですが、Yシャツだけで人に会うというのはマナー違反なので必ず上着を着て人に合うようにします。

 

上着のボタンはしっかりとかけて、Yシャツを見せる場所はそれほど広範囲にしません。

 

但し夏のクールビズが定着している企業ではOKですが、やはり初めての訪問先ではスーツで行くのがベターです。
「先方よりクールビズだからどうぞ脱いでください」と言われたら「失礼します」と断って遠慮なく脱ぎましょう。
汗だくの相手と打ち合わせは相手も望んでおりません。

  三揃いのスーツを着ている時にはベストのボタンを占めるので上着のボタンを占める必要はないのですがその場に応じで考えましょう。

 

ビジネスマンの服装のズボンですが、折り目が消えているとだらしないですから、きちんと折り目をプレスしているズボンを用意します。 そして丈については長すぎても短すぎてもいけませんからちょうどいいサイズのものを用意します。

 

次にビジネスマンの服装として大切なことはネクタイです。ネクタイというのは人の印象を変えるとも言われています。 スーツに合わせてビジネスマンらしいネクタイを選びようにしましょう派手すぎず、個性のあまりきついものを選ばないように注意しましょう。

 

 

 

 

そしてビジネスマンの服装は足元も大切です。靴や靴下にも注意しましょう。

 

靴は基本的にはビジネスマンは黒か茶色がいいでしょう。スーツに合わせたものを選ぶようにして普段からきちんと磨き上げておきましょう。靴下は黒系がいいでしょう。

 

ビジネスマンとしての服装は社会人として相手に尊敬の意を表したスタイルが常識です。

 

個性はワンポイント程度に抑え、控えめなで清潔なイメージが重要です。

 

ビジネスマンの服装は社会生活を送る上でマナー的なものになりますから、今までと違って個性があるからいいと認められていたのとは違い、ビジネスマンの服装は周囲に対してのマナーや敬意としても表れます。

 

オシャレや個性を重視するのではなくて、あくまでもビジネスマンとしての服装を心がけるようにします。
特に心がけるのは清潔感です。だらしない格好は好感は持たれません。
Yシャツは白じゃなくても構いません。薄い色や薄い色のストライプなどちょっとした個性を出してもいいですが、初めて会うお客様やご年配の方と会う時には無難に白をお勧めします。

 

 

 

「おしゃれ」より「みだしなみ」

おしゃれという言葉や個性という言葉がありますが、その言葉は服装において自分をよく見せたりかっこよく着飾るときに使う言葉です。 ではビジネスマンの服装を言葉で表現するのであれば、それは身だしなみという言葉になるのではないでしょうか。 ビジネスマンの服装で大切な身だしなみというのは、周りの人が見ても不快に感じないという服装です。

 

ビジネスマンというのは仕事をすることを優先において服装を選ぶ必要がありますから着飾ったりおしゃれをする必要というのは全くないのです。

 

スポンサードリンク

 

相手に尊敬の意を表す服装

ビジネスマンの服装を見ればその人の人柄や性格、その人の常識がわかってしまいます。
大切なクライアントと会うときに相手に尊敬の意味をあらわすためにもビジネスマンとしてマナーの守られた服装をするということが大切です。
もしもそんな大切な場面でラフでイージーな服装をしているビジネスマンがいれば、相手からは自分のことを馬鹿にしている、重要視されていないというように感じるのではないでしょうか。