入社式の服装

スポンサードリンク

入社式の服装

新入社員、新社会人の最初の仕事が入社式。先ずは服装から身だしなみをちゃんと整えて臨みましょう。入社式の服装の常識とスーツ選びのコツをご紹介します。

入社式はスーツがもちろん常識

入社式の服装

入社式の服装は意外と何を着ていけばいいのか迷う人が多いようです。

ヤフー知恵袋やOKWEBなどの質問できるサイトなどでも、入社式の服装についての質問は意外と多いのが特徴です。

スーツを着ていけばいいのではないかという意見が一番多いのですが、入社式に出席する場合には、まさにスーツが一番です。というよりスーツが常識です。

会社などによっては、入社式から会社の制服を着て出席するようにと言われているところもあると思いますが、特に制服がない場合や制服を着て入社式に出るように言われていない会社の場合には、入社式の服装にはスーツで出席するようにしましょう。

どんな職業でも入社式はスーツで出社する

スーツはそれなりのものを

入社式に来ていくスーツをこれから買うという人は、ポイントがあります。
これから社会人として社会に出ていくわけですから、あまり安いスーツは選ばない方が無難です。

安いスーツを選んでしまうとどうしても着る機会が減ってしまいますし、恥ずかしい思いをすることもあります。

特に黒や紺色のスーツの場合には安物は高いものと色の違いがはっきりと出てしまいますから、あまりにも安い黒のスーツを買ってしまうと、見た目で安物の黒を着ていると判断されてしまいますから注意しましょう。

社会人になるのですからこれからスーツを着る機会も1度や2度といわず色々とあると思いますから1着いいものを買っておく方がいいと思います。

入社式のためだけに購入するのは嫌だと思っている人も、1着いいものを購入しておけばきっとこれから先で番がくると思いますから用意しておきましょう。

スポンサードリンク

セミオーダースーツのおすすめ

スーツを買うと決まったらもう1点ポイントがあります。それはスーツをオーダーして作った方がいいということです。

規制品のスーツはどうしても自分にぴったりと合っているとは言えないと思います。オーダーしたりセミオーダータイプのスーツを選ぶというのが一番自分の体にもあっていてかっこよく見えると思います。

少々値段が規制品よりもはってしまうかもしれませんが、1着もっていればこれからも重宝しますからセミオーダーなどを利用しましょう。

入社式に出るスーツ選びはこのように意外としっかりと高めの恥ずかしくないものを選ばなくてはいけませんので費用がかさんでしまいがちですが、最近は青山や春山などの紳士服専門店でいいものを安く売っていることもありますのでそちらを色々と探してみて選ぶといいと思います。